先の見えないうつ病への不安と偏見を軽くしたい

“家庭環境や虐待めいたしつけの影響で小さい頃から情緒不安定なところがありましたが、病院でちゃんと診察を受けて「うつ病」と診断されたのは出産して1年ほど経った頃でした。出産直後から涙が止まらず、産んだばかりの自分の子供の顔すら見れなくて自己嫌悪になり病院で「死にたい」と言ったのがきっかけかもしれません。その当時は海外に住んでいましたが自分の母国ではない国での出産という事で神経が張りつめていたのかもしれません。その糸が切れたように私は毎日泣き続け、自分の子供と心中することばかり考えていました。今思えば産婦人科なり精神科なりを受診すれば良かったのですが、その頃には病院へ行き外国語を使って自分の状態を話すという気力が既に無く、毎日がこの世の終わりのような絶望の中で暮らしていました。

精神科の病院へ行くことが決まったのは結局帰国してからでした。精神状態が悪く普通の生活も送れなくなっていたのにもかかわらず私は帰国後すぐに病院へ行きませんでした。それは授乳をしていたので薬が飲めないと考えたからです。どう考えてもすぐに断乳して病院へ行き、薬を服用しなければならない状態でしたが、自分が悪い母親だと言われ続ける幻聴に苦しんでいた私は「授乳ぐらいしないともっと悪い母親になってしまう」と頑なに病院へ行くのを拒否していました。しかしその後もどんどんと状況が悪くなり、ついに自分の赤ちゃんを連れて失踪と心中未遂を起こした事で病院へ有無を言わさず連れて行かれカウンセリングと投薬治療が始まったのです。

私が精神科での治療を受け始めて今年で10年になります。

病院へ担ぎ込まれた頃に比べると精神状態はとても良くなったと言えますが、未だに精神的に健康とは言えない状態です。薬を飲んでいても調子が悪いと起き上がって動くことが出来ず、お風呂どころか洗顔や歯みがきもろくに出来ません。また幻聴も全て無くなったわけではなく、その日に会った人の声で自分のことを批難されたり悪口を言われたり追い詰められてしまう事もあります。

うつ病には完治というものが無いと聞きました。寛解という状態に戻ることは出来ても完全に治るという事は難しいのだそうです。自分の状態を考えても納得するところではありますが、先行きは見えないという事への不安をずっと感じています。薬を飲まずに生活することが出来ない現実に「私は死ぬまで薬を飲み続けないといけないのか」と考えると胸が苦しくなる事もあります。加えて不安なのが思うように働けないという点です。今は体の調子が良い時に家のパソコンで出来る小さな仕事をしていますが、稼げる金額は外へ働きに行くことに比べると本当に小さく経済的な心配をしています。私の場合は幸い夫が健康で働いているので私の稼げる金額が少なくても生活が出来ていますが、もし夫が病気などになり働けなくなった場合とてもじゃなく私の稼ぎでは生活を維持していくことが出来ません。極限の状態になってしまえばどうにかするしかなく外でも働く事になるのでしょうが、自分の精神状態の悪さを自覚しているので今のある程度落ち着いた状態から悪化した後の事を考えてしまうと、怖くてどうしようもない不安に襲われます。

そしてうつ病の患者は見た目だけでは分かり難いものです。私の場合は子供が学校へ通っているので町別の集まりや役員の会議などがあり、調子が悪くてもそこへ行かないといけません。自分がうつ病であると言えばいいのかもしれませんが皆にオープンに「私はうつ病なんです」と言うのもどうなんだろうという思いもあり、未だにそれは出来ていません。過呼吸の発作が出ることがあるので会議や参観日で学校に行くことにも不安を感じますが、自分の病状をどこまで言えばいいのか分からず毎回ヒヤヒヤしながら過ごしています。

家族は仲の良い友人じゃない場合、うつ病の事を相談するのはとても勇気が必要です。

どうしても話の内容が重く、聞く人に負担がかかるので気軽に自分の状態を話すということが出来ません。私の場合は幻聴などの症状があるので相談している時にその人から批判や悪口を言われている声を聞いてしまう事があって危ないし、冷静になれないので相談はしたいと思っていても今は諦めています。病院の先生やカウンセラーの先生とも相談することについて話したりもしますが、アドバイスはもらえても結局は自分で状況を見てどうするか決めることになるのでなかなか前進させることは難しいと思っています。

うつ病をオープンにしても昔ほど避けられることはなくなってきているのかもしれません。しかし働く場合や生活していく中で感じる不自由な事や差別的な出来事は少なくありません。うつ病や心の病と言うとどうしてもヤケを起こして人を襲ったり殺したりとイメージする人が多くて色々言われてしまう事があるのですが、ちゃんと薬を飲んで治療をすれば普通の人と変わらない生活が送れるということをよく知ってもらいたいと思っています。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です